ライザップ

アラフォー女優 佐藤仁美がライザップで大変身!?驚きの美ボディ公開!

仁美 アイキャッチ

ライザップで激やせした方を見た方も多いのではないでしょうか。ライザップCMでも、芸能人が激やせしている映像を見ます。

女優の佐藤仁美さんが、ライザップに挑戦し、美ボディを手に入れました。佐藤仁美さんが、どのように痩せたか気になりますよね。

佐藤仁美さんが、ライザップでどのように変身したかお伝えします。

佐藤仁美とはどんな人物?

佐藤仁美さんを、テレビなどで観た方も多いのではないでしょうか。女優として活躍している仁美さんですが、知らない方もいますよね。

そのような方のために、仁美さんのプロフィールをご紹介します。

佐藤 仁美(さとう ひとみ):プロフィール

名前  佐藤 仁美(さとう ひとみ)
生年月日 1979年10月10日
血液型 A型
身長 156 cm
出身 愛知県春日井市
所属事務所 ホリプロ

4人姉妹の末っ子として生まれ、小学生のとき両親が離婚。

父親に引き取られ、8歳上の長姉を母親代わりに育ったが、父親は愛知県内で新聞販売店の経営をしており転勤が多く、小学校だけで4校に通ったという。「小学生の頃から、しっかりキャラ」だったという。

中学生の時、NHK名古屋放送局制作『中学生日記』に生徒役(役名本名同一)で出演、これが役者としての原点となる。

当時、学校では演劇部の部長だった。 1995年、愛知女子高等学校在学中に第20回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞。

同年『海がきこえる』でテレビドラマ初出演。ちなみにこの時の特別賞は新山千春である。その後、堀越高校へ転入。堀越高校時代は堂本剛やともさかりえ、山口紗弥加、水樹奈々らと同級生だった。

1996年、ドラマ『イグアナの娘』で主人公の青島リカの親友・三上伸子役を演じ注目を集める。愛知銀行のイメージガールに起用される。

1997年、原田眞人監督の映画『バウンス ko GALS』で主演、同年のブルーリボン賞新人賞、キネマ旬報新人女優賞、翌年のヨコハマ映画祭の最優秀新人賞を獲得。

1999年、竹内結子が主演した連続テレビ小説『あすか』で、ヒロインのライバル役を演じる。

2000年、バラエティ番組としては初めて、『ジャングルTV 〜タモリの法則〜』のレギュラー出演者となった。

2004年11月から12月にNHKで放映されたNHK夜の連続ドラマ『アイ’ム ホーム 遙かなる家路』では主人公の元愛人を演じで「不倫OLの鑑」と絶賛された。その理由は「若過ぎない年齢、細過ぎない肉体、男に甘え過ぎない距離のとり方などが絶妙」とのこと。

2011年、最高視聴率40.0%を記録した松嶋菜々子主演のドラマ『家政婦のミタ』でヒステリックな教育ママ・皆川真利子役を演じインパクトを残すと、翌2012年、『トッカン 特別国税徴収官』でも作品をまたいで全く同じ皆川真利子役を演じた。

2017年、映画『惑う After the Rain』で12年ぶりに映画主演を務めた。

出典:Wikipedia

仁美さんは、2012年くらいまでは、テレビや映画に数多く出演していました。30過ぎから仕事が減り、メディアの露出も減りました。

2018年から「オー・マイ・ジャンプ! 〜少年ジャンプが地球を救う〜」「家政夫のミタゾノ」「ヒモメン」などのドラマに出演し、観る機会が増えました。

ライザップ挑戦前はこんな生活を送っていた?

仁美 ライザップ挑戦前

仁美さんは、お酒が大好きです。お酒の飲み過ぎや〆のラーメンなどのカロリーが高い食事が多く体重は増える一方でした。

ダイエットをしても、続きませんでした。

「ハイカロリーの取り過ぎ、めんどくさがり、運動嫌い」な生活を送っていました。これでは、太るのは必然ですよね。

しかし、ずぼらボディで、恋愛も諦めモードの仁美さんがライザップで大変身しました。

佐藤仁美のライザップの成果は?

仁美さんが、ライザップで減量に成功しました。ライザップ前と後では、どのように変化したか気になりますよね。佐藤仁美さんの、ライザップ前と後を比較して見ました。

ライザップ挑戦前

仁美 ライザップ前

仁美さんは、カロリーの取り過ぎやお酒の飲み過ぎで太ってしまいました。ライザップ前は「体重61.6kg、ウエスト96cm」もあり、女優で活躍していた体型ではないですよね。

体脂肪率は、35.1%で肥満体型です。運動嫌いやカロリーの取り過ぎで、太ってしまいました。ライザップは、運動嫌いでも痩せることが可能です。

ライザップ挑戦後

仁美 ライザップ後

仁美さんは、ライザップを3ヶ月行いました。-12.2kgの減量に成功しました。出ていたお腹は引き締まり、くびれがあります。体脂肪率もライザップ前と比べると-10.5%減り24.6%までなりました。

ウエストは、-20.5cmもウエストが引き締まっています。運動嫌いな仁美さんが、ここまで痩せることができました。ライザップの力は凄いですよね。

さらに4ヶ月ライザップに挑戦

仁美 さらにライザップ3ヶ月行い、ダイエットに成功しました。しかし、もっと「綺麗になった」と言われたいと思うようになり、さらに4ヶ月ライザップを行いました。

体重は、ライザップ前より-14.8kgまで減り、ウエストは-24.5cm引き締まりました。ライザップを、さらに4ヶ月行い美ボディを手に入れました。

ライザップ前とライザップ後の比較

仁美さんは、ライザップを行い減量に成功しました。ライザップ前と後では、あきらかに違いますよね。

ライザップ前のお腹は出ていて肥満体型が、ライザップ後のお腹は引き締まりくびれができています。

ライザップ前 ライザップ後 さらに4ヶ月後
体重 61.6kg 49.4kg(-12.2kg 46.8kg(-14.8kg
ウエスト 96cm 75.5cm(-20.5cm 71.5cm(-24.5cm

仁美さんは、40代と言う年齢で長い期間ダイエットを行い、美ボディを手に入れることができました。

仁美さんのように、痩せたいですよね。ライザップなら肥満体型や痩せにくい体型でも、体重を減らすことができます。

佐藤仁美が大変身した3つのポイントとは?

仁美さんが、どのように美ボディを手に入れたか気になりますよね。仁美さんが、痩せることができたポイントが3つあります。

仁美さんが、ライザップで大変身したポイントをお伝えします。

トレーナーのサポート

トレーナー

ライザップのトレーナーは、食事の管理からトレーニングまで、ライフスタイルに合ったメニューを提案してくれるので、無理なくダイエットできます。

また、メンタル面のフォローもしてくれます。ダイエットは、心が折れそうなときがありますよね。そのような方でも、挫折しないようにサポートしてくれます。

キレイな体になれるトレーニング

トレーニング

ライザップのスタッフは、トレーニングの知識が豊富です。ライザップのトレーニングは、キツくなく、痩せることが可能です。これは、自己流では難しいですよね。

ダイエットは、トレーニングとトレーナー次第で痩せることができます。トレーニングもメニューも飽きずに楽しくダイエットできます。

細かい食事サポート

食事サポート

ダイエットは、食事管理が難しいですよね。ライザップでは、食事の管理も徹底しています。ライザップのアドバイス通りに食べるだけでいいので、食事のメニューを考える手間がありません。

また、食事の相談もできます。何を食べたらいいかわからないときは、ライザップのスタッフにメッセージで聞くことができます。ムダなカロリーを取ることが防げます。

ライザップは、食事のサポートやトレーニングがしっかりしているのでダイエットの成功がしやすいです。

まとめ

仁美さんは、ライザップを行いダイエットに成功しています。ライザップCMで、肥満体型からくびれのある美ボディへと変わった姿を披露しました。

体重は、ライザップ前より-14.8kgも減り、40代と言う年齢でもこれだけ痩せるライザップは凄いですよね。

ダイエットの成功は、ライザップのサポートのおかげで痩せることができました。ライザップトレーナーは、食事のサポートからトレーニングのサポートまで管理してくれます。

また、メンタル面もフォローしてくれるので、挫折することなく痩せることができます。ライザップは、痩せるためのサポートがしっかりしているので、ダイエットしたい方にはおすすめです。

騙されない本当に効くHMBサプリランキング

多くのHMBサプリの商品がある中で、どれが本当に効いて安いのか悩みますよね。

中には嘘のランキングや全く効果のないHMBサプリがあります。せっかく買うなら本当に効くサプリを選びたいですよね。

当サイトでは、「効果」「値段」「保証」の3つのポイントから本当に効果のある筋肉が付くHMBサプリをご紹介しています。

本当に効果のあるHMBサプリランキングはこちら