ライザップ

ライザップ中でもお酒は飲める?糖質制限中の正しいお酒の飲み方!

ライザップ 酒

ライザップ中は適切な運動に加えて、しっかりとした食事制限が課せられます。

そこで気になるのが、ライザップ中にお酒を飲んでも大丈夫なのかということではないでしょうか。

実はライザップ中でもお酒の種類によって、飲めるものと飲めないものがあります。

ライザップが終わっても体型を維持して行くため、この知識は役立つのでぜひ覚えておきましょう。

そこでこの記事では、ライザップ中に飲めるお酒・飲めないお酒について詳しくご紹介していきます。

ライザップ中でもお酒は飲める?

厳しい食事制限を行うライザップでは、余分なものを食べたり飲んだりするのはNGです。

そのため、お酒が好きな方であれば「ライザップ中はお酒が飲めない…」などと悩んでしまうはずです。

しかし、ライザップ中であってもお酒を飲むことはできます。

お酒の種類をしっかりと守ることで、ライザップ中でもお酒が飲めるのです。それでは、ライザップ中に飲んでも良いお酒とダメなお酒の種類を見ていきましょう。

ライザップ中に蒸留酒なら飲んでもOK

ライザップ中に摂取して良いもの条件は、低糖質・高たんぱく質の食品です。

ただ、たんぱく質の含まれるお酒は存在しないので、ライザップ中に飲めるお酒は糖質の少ないものということになります。

それが蒸留酒と言われる、度数の高いお酒です。ライザップ中でも飲むことができる蒸留酒で最も代表的なものが、次のお酒です。

蒸留酒とは?

発酵して作ったお酒をさらに蒸留して作ったお酒のこと。蒸留する過程でアルコールと香味成分のみを抽出しているので、糖分がほとんど含まれていないのが特徴。基本的にアルコール度数が高いものが多いが、蒸留後に水を加えることでアルコール度数を下げることも可能。

ウイスキー

ウイスキー

ウイスキーは大麦、小麦、ライ麦、トウモロコシなどの穀物を原料としたお酒です。蒸留酒の代表的な存在であり、もちろん糖質は含まれていません。

ジン

ジン

ジンは大麦、ライ麦、ジャガイモなどを原料として造られた蒸留酒の一種です。

蒸留酒の中では比較的個性はなく、単体で飲むのではなく、カクテルなどの材料として多く使われています。もちろんですが、ジンにも糖質は含まれていません。

ウォッカ

ウォッカ

ウォッカは小麦やライ麦を原料として造られている蒸留酒です。

ウォッカの最大に特徴は製造工程の途中で、活性炭を使いろ過をしていることです。そのため、水のようなまろやかでクセのない味わいを出しています。

ウォッカにも当然、糖質は含まれていません。

焼酎

焼酎

焼酎は麦や芋、米を原料として造られる、日本発祥の蒸留酒です。焼酎の種類は多く、米、麦、芋、黒糖、落花生、そば、栗、泡盛などさまざまな種類があります。

焼酎にも、糖質は含まれていません。

このように、ライザップ中にお酒を飲みたくなった場合、糖質が含まれていない「蒸留酒」がおすすめです。

蒸留酒には、上記で紹介したもの以外にも「テキーラ」や「ブランデー」といったものがあります。

蒸留酒であっても、いくら飲んで良いわけではありません。ライザップ中にお酒を飲むのであれば、トレーナーの方に1度相談し、アドバイスをもらうようにしてください。

ライザップ中に醸造酒を飲むのはNG

ライザップ中に飲んではいけないお酒は、醸造酒(じょうぞうしゅ)と言われるお酒です。

醸造酒は、主に果実やコメ、麦などといった糖分を含んでいる食品を使用しています。これらの食品を製造過程で発酵させることでアルコールを得ているので、糖質が多めに含まれています。

そのため、ライザップ中の糖質制限中であればこれらの醸造酒を飲むのはやめるようにしましょう。

醸造酒とは?

醸造酒とは、お米、麦、果物を発酵させて造られるお酒のこと。蒸留などの作業をせず、基本的にアルコール発酵させたままの状態のため、糖質が多く含まれている。

ビール

ビール

ビールは、大麦を発芽させた麦芽をビール酵母で発酵させて造られているお酒です。

居酒屋や家で飲むような一般的なビールだと100mlあたり2.7g~2.9gの糖質が含まれています。ビール1缶(350ml)に換算すると約9.5gの糖質が含まれているので、かなり多めです。

ワイン

ワイン

ワインとは、主にブドウの果汁を発酵させて造るお酒です。

ワインは、「白ワイン」「赤ワイン」によって多少糖質の量が変わります。100mlあたり白ワインには2.0gの糖質、赤ワインには1.5gの糖質が含まれています。

ワイングラス1杯あたり120mlで換算すると、白ワインには2.4g、赤ワインには1.8gの糖質が含まれているので、糖質制限中には注意するお酒です。

日本酒

日本酒

日本酒とは、日本を代表するお酒です。米と麹と水を原材料として造られています。

日本酒には100mlあたり4.5gの糖質が含まれており、1合(180ml)あたりに換算すると8.1gとなり、ビールと同じくらい糖質が含まれています。

ライザップ中でも糖質0ビールならもOK?

糖質0ビール

最近では「糖質ゼロ」「糖質オフ」といったビール・発泡酒が多く売られています。ただ、これらは糖質が全く含まれていないわけではないため、注意が必要です。

実は法律で、100ml中の糖質が2.5g以下の場合は「糖質オフ」、0.5g以下の場合は「糖質ゼロ」と表記してもいいことになっています。

そのため、糖質ゼロのビールを1缶飲んだ場合、知らないうちに「1.75g以下の糖質」を摂取している可能性があるのです。

また、デンプンやオリゴ糖といったものは、糖類として考えなくても良いことになっているので、「糖質ゼロビール」や「糖質オフビール」には、様々な糖類が含まれている可能性もあります。

「糖質ゼロ」や「糖質オフ」といったビールも、普通のビールと同じくらいの糖質が含まれているものと考え、ライザップ中は飲むの控えるようにしてください。

ライザップ中は食べるおつまみにも注意!

お酒を飲んでいると必ずおつまみが欲しくなりますよね。しかし、ライザップ中であれば食べるおつまみにも注意するようにしてください。

糖質が少ないお酒を飲んでいても、糖質の高いおつまみを食べてしまっては元も子もありません。

そのため、糖質制限中には食べるおつまみも考える必要があります。ここでは、ライザップ中でも、食べることができるおつまみを紹介していきます。

これを参考にし、お酒の席でのおつまみに注意するようにしましょう。

おすすめのおつまみ

先ほどもお伝えしてように、ライザップ中に摂取して良いものは、低糖質・高たんぱく質の食品です。

そのため、ライザップ中のおつまみとしておすすめなものは「チーズ」や「ナッツ類」といったものがあります。これらには、糖質がほとんど含まれていないので、糖質制限中のおつまみとしては完璧です。

また、最近コンビニでよく見かける「サラダチキン」も糖質ゼロで、高たんぱく質なのでライザップ中にはおすすめのおつまみと言えます。

その他にもおすすめのおつまみとして、以下のようなものが挙げられます。

ライザップ中におすすめのおつまみ
  • お刺身(100g当たり 糖質0.1~0.5g)
  • チーズ(20g当たり 糖質0.3g)
  • 明太子(1個当たり 糖質1g)
  • 梅干し(15g当たり 糖質0.9g)
  • 塩辛(15g当たり 糖質1.0g)
  • キムチ(20g当たり 糖質1.1g)

糖質が少ないからといって、おつまみの食べ過ぎには注意してください。また、製品によって糖質の量が異なります。そのため、食べる際は糖質量を確認してから食べるようにしましょう。

食べてはいけないおつまみ

ライザップ中に食べてはいけないおつまみとしては、炭水化物や小麦を使った料理、いも類、練り物などが挙げられます。

例えば以下のようなメニューは、お酒のおつまみとしては控える必要があります。

ライザップ中に食べてはいけないおつまみ
  • ちくわ
  • さつま揚げ
  • はんぺん
  • 米・麺料理(炒飯、ラーメン、パスタなど)
  • フライドポテト

ライザップ中であれば、糖質が多い食材を使ったおつまみは控えるようにしてください。

ライザップ中のお酒を飲む際の注意点

ライザップ中に糖質の低いお酒を飲む場合でも、注意しなければいけないことがあります。それは、次のことです。

ライザップ中のお酒を飲む際の注意点
  • お酒の飲みすぎ
  • お酒には食欲増進効果がある
  • お酒を飲む頻度と量

いくら糖質が低いお酒を飲んでいるからと言っても、お酒を飲む場合は上記のことを十分に注意するようにしてください。

お酒の飲みすぎ

いくら糖質が含まれていない蒸留酒だからといって、飲みすぎには注意するようにしてください。なぜなら、次の理由があるからです。

お酒を飲み過ぎてはいけない理由
  • 肝臓に負担がかり筋肉の回復が遅くなる
  • 飲み過ぎることによりカロリーを摂取し過ぎてしまう

それでは、それぞれについて解説していきます。

肝臓に負担がかかり筋肉の回復が遅くなる

肝臓は、代謝機能や解毒機能といった体のエネルギーを生成する重要な役割をしています。

しかし、お酒を飲み過ぎ大量のアルコール摂取することで、肝臓の働きが妨げられてしまいます。

肝臓の機能が低下することで、筋肉の合成作用も低下してしまい、筋肉の回復も遅くなってしまうのです。

また、アルコールには、筋肉の発達に重要となる成長ホルモンの分泌を抑制してしまう恐れがあるため、筋肉の発達にも大きく影響してしまいます。

摂取カロリーが増える

糖質が含まれていないお酒でも、意外と多くのカロリーが含まれています。

お酒(蒸留酒)に含まれるカロリー
  • ウイスキー…237kcal/100g当たり
  • ジン…284kcal/100g当たり
  • ウォッカ…240kcal/100g当たり
  • 焼酎…150~200kcal/100g当たり

このように、糖質が含まれていない蒸留酒であってもこれほどのカロリーが含まれています。

お酒のカロリーは体に蓄積されにくいと言われています。しかし、飲み過ぎることにより過剰なカロリーを摂取してしまう恐れがあるため、注意してください。

お酒には食欲増進効果がある

お酒を飲んだ後、「締めのラーメンが食べたい!」といった経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

このように、お酒を飲むことで食欲が増進してしまうには理由があります。

それは、お酒に含まれているアルコールが食欲にかかわる脳の神経細胞に作用するため、食欲が増進してしまうと言われています。

通常は空腹感を助長する脳細胞がアルコールによっても活性化することがマウスの研究で明らかになった。

マウスを用いて「週末アルコール依存症」実験が行われ、3日間にわたって約18ユニット(英国での測定結果に基づいた値)に相当する用量のアルコールをマウスに与えたところ、アルコールを投与されていないマウスのグループと比べて、食物摂取量が有意に増加した。マウスの脳の摂食回路の一部で、空腹感を助長するAgrpニューロンもアルコールによって活性化することを明らかにした。

引用:https://www.natureasia.com/ja-jp/research/highlight/11524

このように、現在ではマウスによる実験結果しかないため、はっきりとした理由は分かっていません。

しかし、これらの実験結果から人でも同じ症状が起きており、お酒を飲んだ際に食欲が増加してしまうと言われています。

お酒を飲む頻度と量

ライザップ中であれば、純アルコール量で20gが1日に摂取しても良い適切な量だとされています。

これをそれぞれのお酒に換算すると、以下の通りです。

ライザップ中のお酒を飲む頻度と量
  • ビール500ml
  • 日本酒1合(180ml)
  • ウィスキーダブル1杯(60ml)
  • ワイングラス2杯弱(200ml)

やや少ないかなと感じる量ですが、糖質制限を行うライザップ中であれば、これくらいにとどめておくようにしてください。

また、お酒を飲む頻度ですが、毎日飲んでしまうと肝臓に負担がかかってしまい、筋肉の増加を妨げてしまいます。

そのため、週に2日以上は休刊日を設けるなど工夫するようにしましょう。

お酒の適切な量や頻度は、人によって異なります。そのため、ライザップ中にお酒を飲むのであれば、ライザップのトレーナーに相談するようにしてください。

ライザップ中にお酒を飲むメリット

ライザップ中にお酒を飲むことは、デメリットだけではありません。お酒を飲むことによって得られるメリットもあります。

それは、以下の通りです。

ライザップ中にお酒を飲むメリット
  • ストレスを発散できる
  • ライザップが終わった後も正しいお酒の飲み方が身につく

ライザップ中でもお酒を飲むことは、悪いことばかりではありません。種類や適切な量を守ることで、上記のようなメリットもあります。

それぞれのメリットについて見ていきましょう。

ストレスを発散できる

ライザップを成功させるには、ストレスをためないことが重要です。そのため、禁酒がストレスとなってしまうのであれば、お酒を飲むことも必要となります。

ライザップ中は、厳しい食事制限やきついトレーニングによって普段の生活よりも、大きなストレスがかかってしまいます。

お酒が好きな方が、その状態で禁酒をしてしまっては過度のストレスとなってしまい、暴飲暴食やトレーニングをさぼってしまう原因となってしまうのです。

暴飲暴食やトレーニングをさぼってしまっては、ライザップを成功できなくなってしまいます。

そのため、週に1~2日お酒を飲む日を設けることでストレスを適度に発散でき、よりライザップに励むことができます。

ストレス発散だからと言ってお酒の飲み過ぎには、注意するようにしてください。お酒を飲む場合は、1度トレーナーの方に相談するようにしましょう。

ライザップ終了後の正しいお酒の飲み方が身につく

ライザップが終わった後はトレーナーがつかないため、食事制限やトレーニングは自己管理で行っていく必要があります。これは、お酒も同じです。

ただ、ライザップ中に完全な禁酒をしてしまっていれば、太らないお酒の飲み方を理解することはできません。

そのため、ライザップ終了後、お酒を飲みすぎてしまいリバウンドしてしまうのです。

しかし、ライザップ中にトレーナーのアドバイスをもとに、適度なお酒を飲んでいればどうでしょうか?太らない正しいお酒の飲み方を身に着けることができるはずです。

ライザップが終わった後でも、しっかりとお酒の飲み方を自己管理できるようになるのでリバウンドのリスクを少なくできます。

ライザップ終了後の正しいお酒の飲み方を身に着けるためにも、ライザップ中から適度のお酒を飲むようにしましょう。

ライザップの公式サイトにある質問

ここまでお読みいただいた方の中にも、「本当にライザップ中にお酒を飲んでいいのだろうか?」と心配になっている方を多いのではないでしょうか。

お酒の飲み方についてはライザップ公式サイトにあるQ&Aでも、次のような回答が掲載されています。

質問:お酒は飲んでも良いでしょうか?

飲んで頂いて大丈夫です!ただし炭水化物(糖質)を多く含むビールやワイン、日本酒などの醸造酒は控えて頂きます。そのかわり焼酎、ウイスキーなどの蒸留酒をおすすめしております。

また、アルコール自体は、1gが7kcalなのでカロリーの摂取量を考慮して飲んで頂くようにはなります。 アルコールのカロリーは、血行の促進や体熱の上昇などに消費されて完全に燃焼し、身体の組織にはならないと言われています。

しかし、食欲が増幅され、適量を守りきれずに暴飲・暴食を繰り返してカロリーオーバーとなってしまうパターンが多いのが現状なので、適量の摂取にしておきましょう。

引用:ライザップ公式サイト Q&A

ライザップ公式サイトにもこのような記載があるように、ライザップ中でも以下のようなことを守っていればお酒を飲んでも大丈夫であることが分かります。

ライザップでおすすめしているお酒の飲み方
  • 糖質ゼロの蒸留酒を飲むようにする。
  • カロリーオーバーにならないようお酒の量は控える。
  • 飲む量と頻度をしっかり管理する。

これらのことに注意すれば、ライザップ中であってもお酒は飲めます。ライザップの効果を消さないためにも、適切な飲酒を心掛けるようにしましょう。

ライザップ中のお酒:まとめ

これまでにもお伝えしように、ライザップ中であってもお酒を飲むことはできます。しかし、ライザップ中にお酒を飲むのであれば、次のことに注意してください。

ライザップ注意お酒を飲む際の注意点
  • お酒の種類は糖質が含まれていない「蒸留酒」を飲む。
  • カロリーオーバーにならないように摂取量を考慮して飲む。
  • お酒を飲んだ際の暴飲暴食に注意する。
  • 適切な量や頻度をしっかり守る。

ライザップ中は、これらをしっかりと守ることでお酒は飲めます。また、お酒だけではなく、お酒のおつまみも注意して食べるようにしてください。

ライザップを成功させるためにも、上記のことをしっかりと意識し守るようにしましょう。

騙されない本当に効くHMBサプリランキング

多くのHMBサプリの商品がある中で、どれが本当に効いて安いのか悩みますよね。

中には嘘のランキングや全く効果のないHMBサプリがあります。せっかく買うなら本当に効くサプリを選びたいですよね。

当サイトでは、「効果」「値段」「保証」の3つのポイントから本当に効果のある筋肉が付くHMBサプリをご紹介しています。

本当に効果のあるHMBサプリランキングはこちら