ライザップ芸能人

女優石田えりがライザップ後セクシーに?変身後の美ボディを大胆披露!

石田 アイキャッチ

女優の石田えりさんがライザップに挑戦しました。ダイエットは、見事成功し、素晴らしい美ボディを手に入れました。

50代でライザップに挑戦した数少ない芸能人です。ライザップのCMでセクシーな水着を披露しました。

石田えりさんが、ライザップでどのように体型が変化したか気になりますよね。石田さんのライザップ前や後の体型や現在の体型をお伝えします。

石田えりとはどんな人物?

石田さんは、女優として映画やドラマに多く出演したことがあります。石田さんのことを知らない方もいますよね。

そのような方に、石田さんのプロフィールをご紹介します。

石田 えり:プロフィール

石田 プロフィール
名前 石田えり (本名:内田恵理子 うちだえりこ)
生年月日 1960年11月9日
血液型 A型
身長 162cm
出身 熊本県八代市
所属事務所 トライアングルCプロジェクト

二人姉妹の姉。幼いころから歌手に憧れ、中学校3年の1975年5月、指揮者・チャーリー石黒のオーディションに合格。同年に上京し、石黒の母の家に下宿して、チャーリー石黒音楽専門教室で歌を習う。

高校に入学した1976年から1978年まで東京音楽学院で、ダンス、台詞、演技のレッスンを受ける。その間の1976年10月から翌年3月まで『スターチャレンジ!!』(NET)のアシスタントを務め、芸能界デビュー。

1978年、TBS『刑事犬カール』に顔を出したのち、バラエティ番組『笑って!笑って!!60分』の中のコーナードラマ『哀愁学園』に準レギュラーで出演。

同年、映画『翼は心につけて』のオーディションに合格し、骨肉腫に冒されたヒロイン鈴木亜里を演じ、スクリーンデビュー。

1979年に高校を卒業したのち、横浜を舞台にした青春テレビドラマ『体験時代』にレギュラー出演。そのほか、『家族サーカス』、『たとえば、愛』、『ウルトラマン80』などのテレビドラマで活躍。

『80』ではUGMの城野エミ隊員を演じるが、殉職する形で途中降板した。これは、「ウルトラシリーズに最後まで出演した女優は大成しない」というジンクスを聞いた石田が「降板させてほしい」と自ら申し出て了承されたことによるものだった。

最終回の際には、「アンドロイド・エミ」として出演しているが、自身の都合で降板したにも関わらず、ふたたび呼んでもらえたことがとても嬉しかったという。

1981年、『遠雷』で、主人公・永島敏行の妻にふんし、豊満な肉体を披露。この作品で、日本アカデミー賞の主演女優賞と新人女優賞を受賞する。

テレビでは、1983年『金曜日の妻たちへ』で竜雷太の後妻役、1984年には『昨日、悲別で』で北海道から上京してダンサーを目指しながらも挫折していく娘役など、印象的な役柄を演じた。

1988年より『釣りバカ日誌』シリーズにおいて、主人公・浜ちゃん(西田敏行)の妻・みち子さん役を演じる。しかし、1994年の第7作を最後に降板し、後任は浅田美代子が務めた。

1993年には、ヘアヌード写真集『罪』を発売。ヘルムート・ニュートンが撮影を務め、SM嬢を意識したコスチュームを披露。1985年にミュージシャンの芳野藤丸と結婚するが、1990年に離婚。

2005年の映画『ジーナ・K』では40代半ばにしてストリップも披露した。

趣味は、ピアノ、映画鑑賞、読書、スキューバダイビング。特技は、英会話。『オシャレ30・30』に出演した際に児童養護施設で育ったことを告白している

出典:Wikipedia

昔は、映画「遠雷」「釣りバカ日誌シリーズ」の主人公の妻役に出演したり、テレビでは「太陽にほえろ」「ウルトラマン80」「サスペンス劇場」に出演したり多方面で活躍していました。

最近では、「世界の村発見!こんなところに日本人」と言うバラエティ番組に出演しました。

メディアの露出が、昔ほど多くはないです。2017年に、ライザップCMで美ボディを披露しました。

石田さんは、現在も舞台やテレビに出演しており、日本で活躍している女優の1人です。

56歳石田えりが美ボディに大変身!

石田さんは、50代と言う年齢でライザップに挑戦しました。ダイエットに成功して、美ボディを手に入れました。どのように体型が変化したか気になりますよね。

そこで、石田さんのライザップ前と後を比較してみました。

ライザップ前

石田 ライザップ前

女優と言えば、痩せているイメージですよね。石田さんのライザップ前は、女優で活躍している方とは思えない体型です。

ライザップ前の体重は、54.3kgで体脂肪率は、23.9%ありました。上の写真のような、お腹にはなりたくないですよね。

ライザップを行えば、引き締まった体になることが可能です。

ライザップ後

石田 ライザップ後

石田さんは、ライザップに挑戦し、ダイエットに成功しました。上の写真は、ライザップCMのときです。ライザップ前より、引き締まった体になっています。

ライザップ後は、「体重49.4kg・体脂肪率17.8%」減りました。

石田さんは、3ヶ月で-4.9kg減り、56歳の年齢でダイエットを成功させました。ライザップの力はすごいですよね。

ライザップは、高年齢でもダイエットを成功させることが可能です。

ライザップ前とライザップ後の比較

「もう一度グラビアに挑戦したい!」という目標のため、ライザップに3カ月挑戦し石田さんは、ライザップでダイエットに成功させています。

「体重-4.9kg、ウエストは-15cm、体脂肪率-6.1%」の減量することができました。ライザップ成功で、グラビア体型へと変身し美ボディになりました

ライザップ前 ライザップ後
体重 54.3kg 49.4kg(-4.9kg
体脂肪率 23.9% 17.8%(-6.1%

石田さんは、ライザップCMで水着を披露し、56歳とは思えないほどの美しさを見せました。石田さんのようにダイエットを成功したいですよね。

そのような方は、ライザップに挑戦し、素晴らしい体型を手に入れましょう。

石田えりの現在の体系は?ライザップ後リバウンドか?

ライザップでダイエットに成功しました。ライザップ後リバウンドしたのか気になりますよね。

石田さんの現在の体型とライザップ直後の体型を比較して見ました。

現在の体系

石田 現在

上の写真が、現在の石田さんです。ライザップ直後より少し増えていますね。しかし、ライザップのおかげで、リバウンドしても体重の増加少ないと言えます。

リバウンドはしたくないですよね。そのような方は、ライザップ終了後のサポートを活用しましょう。

ライザップ直後と現在の体系の比較

石田 比較

石田さんは、ライザップ後少しリバウンドしてしまいました。しかし、ライザップ前のような体型には戻っていません。

ライザップで、ダイエットに成功してもトレーニングや食事管理を怠れば、リバウンドしてしまいます。

ライザップ後も、リバウンドしないために、トレーニングと食事管理はしっかり行いましょう。トレーニングや食事管理は、1人では難しいです。そのような方は、ライザップ終了後のサポートを活用しましょう。

まとめ

石田さんは、もう1度グラビアを挑戦するためにライザップを行いました。その結果、素晴らしい美ボディを手に入れ、ライザップCMでは水着を披露しました。

56歳の年齢で、-4.9kgの減量に成功しました。ライザップの力は、凄いですよね。

しかし、ライザップ後は、少しリバウンドしました。ライザップ後も、リバウンドしないためにもトレーニングや食事管理が大事です。

1人では、甘えや気の緩みが出てしまい難しいです。ライザップには、終了後のサポートがあり、リバウンドを防ぐことや体型の維持が出来ます。

リバウンドしたくない方や体型を維持したい方は、ライザップ後の終了サポートを活用しましょう。

騙されない本当に効くHMBサプリランキング

多くのHMBサプリの商品がある中で、どれが本当に効いて安いのか悩みますよね。

中には嘘のランキングや全く効果のないHMBサプリがあります。せっかく買うなら本当に効くサプリを選びたいですよね。

当サイトでは、「効果」「値段」「保証」の3つのポイントから本当に効果のある筋肉が付くHMBサプリをご紹介しています。

本当に効果のあるHMBサプリランキングはこちら